本音をオブラートへ

人は何で本音をオブラートに包んで伝えるのかというような見出しの本を見つけたではなぜ人は言葉ではなく仕草で感情のやり取りをするのでしょうか。
それは仕草で感情を伝える方が言葉を用いるより心理的負担が少ないからだそうです次の例を見てみるまる営業職の A 君は取引先の担当者に相談を持ちかけましたまるビジネスは一通り終わり少し雑談する時間がありましたその中で担当者の大好きな登山の話になりこの前富士山を登ったらね急に天気が変わっ大変だったよーとか今度の週末に高尾山に行くんだなどという話をしていました。
趣味の話をすると止まらなくなりましたそれを話すのは楽しそうでした急に話を断ち切るのは悪い気もします得意先に言って話を終わらせてそんな話ばかりでうまく契約は良くなっただそうです。
相手に対して話を終わらせようとしなければならない時間帯になった時に言葉で伝えるよりも仕草で少し時計を見て気づくような感じで辞めるという手段もありです本音を送ら音に進んで伝えるということです。