尿酸の数値について

私は尿酸値が高く、健康診断で数値が8,6ありました。
通常が7,0までなので基準値を超えています。いつ痛風の症状が出てもおかしくない状況です。
原因は色々ありますが、食べ過ぎが1番思い当たります。尿酸値が高くなる原因は食品に含まれるプリン体の取り過ぎとかもあります。
水分の摂取も関係し、夏場に水をあまり摂らず、ビールを飲むと美味しいのですが、尿酸値が一気に上がり危険です。
知人がそれで痛風になりました。足が変色してパンパンに腫れあがっている姿を見ると恐ろしいですよ。
プリン体を多く含む動物の内臓や魚の干物は食べ過ぎると悪化します。プリン体は肝臓で尿酸に変わり尿として排泄されます。
肥満になると尿酸を作りやすく排泄しにくい状態になりますので,食べ過ぎをやめて適正な体重に戻すことが,プリン体の摂取制限よりも大切です。
また尿量が増えれば尿と一緒に多くの尿酸を排泄できますので,水は1日2リットル以上飲むことが推奨されています。
水道水が安く、1番良いのですが、地域によっては「水道水はまずくて飲めない」場合もあることでしょう。
その場合、浄水器を使うと飲めるようになります。
天然水を買うのも良いですが、激安店で買うとしてもそれなりのコストがかかるので、浄水器を使うのが安くつきますよ。
また、痛風予防には海藻や野菜を食べると有効で、尿路結石の予防にもなります。
尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が「高尿酸血症」となります。高尿酸血症が長引くと尿酸が結晶化し全身で悪さをします。
腎臓の中に沈着すると,痛風腎を引き起こし腎臓の機能を低下させます。老廃物を尿として排泄できない腎不全にまで悪化すれば,透析を受けることになりかねません。
尿酸値を下げるには薬を服用する方法もあります。病気で診察してもらい必要ならば処方してもらえます。
早めに、病院へ行って治療してもらいましょう。