効果的な履きかたとは

着厚レギンスは寝ている時でもいいと聞いたので、そのまま履いて寝たんです。そうしたら、すごい締め付けてくる感じがして、結局起きてしまいました。やっぱりダメなのかと思っていたら、どうやら私の履きかたがダメだったみたいなんです。
着厚レギンスには、昼用と夜用があって、分けて使用しないと無理がかかるみたいです。
そして、サイズも合っていなかったみたいなんです。一応サイズ表を見て決めたのですが、もう一度サイズをきちんとはかってみたら、ちょっと小さかったみたいなんです。
そこで、ちょっとゆったりしているLを選び履いてみたら、ピッタリでした。
これまで、自分の中ではきつくないと効果が出ないと思っていたのですが、そうではありませんでした。
そして、着厚レギンスの効果を高めるためには、履きかたがとても大切です。どうしても弾力性があるので、無理矢理引っ張りあげてしまうんですよね。でも、そうするとピッタリ履けなくて、変に中弛みみたくなっちゃうんです。そのまま履き続けていると気持ちが悪いですし、効果も得られません。面倒だなと感じることもありますが、時間をかけて丁寧にピッタリ履くことによって、効果が得られました。
朝の急いでいる時とかには、イライラしてしまうこともあるのですが、これもダイエットのためと思って我慢しています。
ですが、そのおかげで太ももが半年で3センチほど細くなりました。
正しい履きかたって大切だなと改めて思いました。
ちなみに使っているのはエレスリムという着圧レギンス。評判も良いのでオススメです。
>>エレスリムの口コミはこちら