ジャングルで迷った話

気絶してもまた痛みで覚醒してまた気絶しての繰り返しだったようだ。
そのトラウマがあって老後に手術した時も眠らされているのに痛い殺せと無意識に叫んでたらしいよ。
水木さんのぬりかべの話はテレビで見たな北野たけしさんの番組テレビタックルか何かにゲストで出演して話してたよ俺の記憶が曖昧だがだいたいこんな内容だったと思う。
戦地南方というのかなどこか熱帯地方の国だろうねのジャングルにいた時に夜のジャングルは本当に真っ暗ですぐ目の前の物も見えないそんな闇の中を移動していたら突然前に進めなくなった暗闇で何も見えないがあるはずのない壁みたいなものに邪魔されどうにも薦めなかったそうだしばらく足掻いたがどうにもならず困り果てた挙げ句なんとなく壁の下の方の壁の根元を手探りしたら隙間があった